晩婚化と不妊が比例している現代|高齢での不妊治療の効果

看護師

年齢で妊娠が難しい場合

女性

原因と高度な治療

今の日本は、昔と比べて女性が活躍する機会が増え、結果的に晩婚化や高齢出産が目立ってきました。このような状況は不妊を招いてしまう理由の1つで、男女の高齢が妊娠を難しくしてしまっています。こういった不妊が増える中で注目されているのが、不妊治療です。この治療では、年齢が高齢であっても、妊娠の可能性を高めてくれる高度な治療が行われます。自然妊娠が難しい場合は、医療の力で人工的に妊娠を目指すことができ、これで妊娠に成功する人も少なくありません。高齢になると、どうしても精子や卵子が老化の影響を受けてくるので、妊娠しにくくなってきます。流産の確率も上がることから、精子や卵子の質のいい状態を目指して、本格的な治療が行われるようになってきました。年齢が原因で不妊となっている場合は、こういった専門的な治療を受けていくことで、いい結果が期待できるでしょう。

年齢と成功率の関係

この不妊治療では、やはり全体的に30代半ばから後半にかけて受ける人が多くなります。最近は20代の若い人でも、スムーズな妊娠を目的に受ける人が増えてきました。高齢であることに不妊治療は効果も大きいですが、その実態は、年齢が上をいくほど成功率が下がってきてしまいます。つまり、精子や卵子の質が妊娠を大きく左右させるので、高齢であればあるほど難しくなってしまうわけです。病院ではできるだけの治療を行っていきますが、40代となると不妊を乗り越えることは簡単なことではありません。このため、病院の方からも不妊治療はできるだけ若いうちに受けていくことをすすめています。年齢が若いほど精子や卵子は健康的となるので、妊娠がしやすくなるのです。人工授精や体外受精のような高度な治療であっても、やはりその質にかかってくることになります。お互いの年齢を考えて、結婚後まもなく不妊治療を始めることはおかしなことではありません。30代であればなおさらなので、年齢を考慮して、早めに受けていくことが大切です。